2009年09月14日

19.8km/L

 この3日間、給油無しで走り回った555km。出てきた燃費19.8km/Lは、この車での最高記録になった。半分は山道だったし、市街地の渋滞にも少しは嵌ったのに。あと2ヶ月で初回登録から10年になる老体だが、まだまだいけるじゃんと思った。でも、10年選手じゃぁ所謂エコカーには入れてもらえないんだよね? 早く新車に買い換えろって政策? 古いのはさておき、デザインも色も、そして燃費も気に入ってるのに、手放せと?
 ところで、あと0.2L(約1%)ほどガソリンを節約して走れれば夢の? 20km/Lを達成できたのに、などとも思ってしまう。あそこでエンジン切ってればなーとか、降雨時の窓の曇りを取るのにエアコン使わなきゃよかったのにとか、帰りの高速道路でどうしても遅い車の塊を抜きたくなっちゃったとか反省点は多々あるが、それをしたところでどれだけ影響するのだろうか。
 このコンパクトな1Lカーの場合、高速道路を100km/hで定速走行するよりも、山道であっても信号の無い一般道を走り続けたほうが燃費が良くなるみたい。低速側にセッティングされているんだろうか。
 この3日間でバラ撒き対策貯金が増え、残高は78,850円。
posted by Hiko at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

愚策中の愚策

国交省の先輩(天下り役人)たちが、ETCの普及率が上がらないし、もっとカネを回す方法を考えてよと言ってます。



そろそろ選挙も近いし、何かこうインパクトのある政策はないなかなぁ。by 与党。



そうだ、百均に倣って料金を千円均一にしちゃおう。それも軽自動車・普通車だけ、休日だけに限定しちゃえば批判もかわせるし、そういうときだけ動く車にはETCがあまり着いていないから先輩方への効果絶大。しかも、値下げ分は税金で補填して薄く広く全国民から徴収しちゃえば分からないって。



予想どおり、今までETCに見向きもしなかった人たちが購入に殺到。セットアップ費でORSEウハウハ。



さて最初の連休。予想どおりの高速道路利用者急増で、千円でも少しも腹の痛まない高速道路会社ガッポガッポ。



同じ補填でも無料化とか9割引だったら渋滞を避けて一般道をフレキシブルに使えるが、いったん降りたら2千円(それでも安いのに)と「2倍」になる恐怖感から渋滞に嵌りっ放し。



みんな早めに出ようとしたから、金曜日(五月一日)の夜から予想外の渋滞開始。



ふだん動かない車が引っ張り出されて、整備不良? or ガス欠? で故障車だらけ。



あり得ない時間帯+サンデードライバーだらけ+延々と続く渋滞で、追突事故多発。



パーキングエリアにすら入れない。



休日も走っている業務車大迷惑で流通に影響。



そして、渋滞は増幅される・・・。

ってとこでしょうか。均一にしたことと休日限定にしたことが、この政策の愚かさを際立たせている。東北道の場合、福島県内あたりではすでに渋滞が24時間になろうとしている。こんなこと、お盆でも正月でも無かったなぁ。
 これで与党に票が入るなら、日本国民のアホさ加減に呆れます。また、日本が先頭切って推進するはずの地球温暖化対策に、悪影響にならないんでしょうかねぇ。
 天気はいいけど、私たちは今年も動かず。
posted by Hiko at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

バラ撒き対策貯金はじめました

 本日、私の銀行口座に定額給付金が振り込まれた。子どもを含む家族三人分なので、総額44,000円。
 財源は将来徴収される税金。負担するのが我が子になってしまってはたまらないので、それに備えて全額を貯金した。実際には給付するためにかなりの経費(当市では往復とも郵便で書類をやり取りし、さらに振込手数料が・・・そしてそれらとは比較にならないほど大きな人件費)がかかっているだろうから、全額貯金だけでは賄いきれない。でも、無いよりはましだろう。
 国交省OB天下り先に流れていくETC割引にも税金で充てられるので、この分も対策貯金に入れていこうと思う。いずれも投資には回さず、流出しないように心がけたい。
posted by Hiko at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

定額給付金を使ってはいけない

 経済効果の望めない定額給付金が支給されることが決まった。この財源は、将来徴収される税金だ。少なくとも、子どものいる人や、若くて将来が永い人は全額貯金し、増税に備えるべきだ。相対的に生活に余裕がある中高年は、無駄遣いせず自治体にでも寄付して有効に使ってもらおう。
 それに併せて野党の代表のところに検察が入り、与党政治と行政との恩の売買が始まった。国会を解散するとしたら、最後で唯一の機会を作った感じだ。さて、これから少しの期間、どんなことを起こそうとしているのだろうか。注目しよう。

 加えて、高速道路料金の値下げや定額化も財源は税金。こちらも喜んでばかりはいられない。
 役人の天下り先であるETC管理・運営団体も、高速道路会社も少しも腹を痛めず、負担は車を利用しない国民にまで及ぶ。無料にしてETCを廃止したほうが財源が少なくて済むだろうに。
 逆に定額化して無駄に長距離旅行が増え、地球温暖化対策とやらに逆行しないのだろうか。政治家はその時々で自分に都合のよいことしか言わないので、日本が何を目指しているのかわからなくなる。
posted by Hiko at 18:17| Comment(4) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

また茶番劇の始まり

 ここぞというタイミングを見計らってか、にっちもさっちも行かなくなってか、チンパンジーをクビにし、顔ぶれを見れば明らかに出来レースな自民党総裁選挙を始めた。人気者や女性を引っ張り出してショー仕立てにし、一気に解散総選挙に持ち込み、前回の郵政解散のような効果を狙っているのだろう。圧勝は無理にしても、惨敗だけは避けようと。
 これに合わせ、高速道路料金を無理やり前倒しで、と言うかわざわざこの時期まで待たせて今月中旬に値下げ(ETCに限るし、実は土休日深夜は値上げ)して官も一体になって選挙支援。別の手も打てるかな? 期間限定消費税免除とか? 無理か?
 果たして日本国民は、前回のように騙されて自民党に入れてしまうのか? 今のところ、釣られたマスコミはそれぞれ面白おかしく伝えて盛り上げるのに一役買っているが。それとも、今度こそ冷静な判断ができるのか。十月?の結果が楽しみだ。選んだ人の責任だ。
posted by Hiko at 12:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

当地では27%、33円の値上げ

 昨夜は翌朝十時頃まで安い価格でガソリンを売ると言っていたスタンド、今日の十三時すぎに通りかかるとまだ「124円」の表示。簡単には下げられないんだなと思った。近場にドライブに出かけたが、往路ではどこも121〜124円だった。お?こりゃあ連休明けまで持ち堪えたりして?と思った。
 帰りは別のルート。どのスタンドも155円前後の表示。そして我が家のそばにある昨日121円/Lで給油したスタンドは・・・「157円」。暫定銭率分に8円を加えた大幅な値上げ。物の値が一日で27%で上がるなんて、まるで途上国のよう(ある意味、いやかなりの意味で日本は単なる途上国だけど)。便乗値上げっぽさも感じる。政府のお墨付きの値上げだから、便乗もし易いだろうね。
 自民党・公明党支持者の皆さん、さぁ給油の時間ですよ。お待たせしました。公務員の暫定福利厚生のために、どんどん暫定税を納めましょう。
 連休中に車で遠出を予定していたけど、あの数字のおかげですっかり醒めてしまいました。もっと有意義な時間をすごすことにします。
 「値上げは仕方ない」。名言ですね、福田くん。
posted by Hiko at 18:57| Comment(2) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

現与党支持者を支持しない庶民は

20080430.jpg・・・少しでも安く、と言うよりは使途があまりにもずさんな暫定税を少しでも納めるのが嫌で、いつも利用しているガソリンスタンドへ行ってきた。20時頃に通過したときには路上にまで与党不支持者の車の30台ほどの列ができていたので、こんな田舎ならそろそろ落ち着いただろうと考えた22時過ぎに。
 まだ並んでいた。列は十数台に減っていたが、敷地内で待っている車も含めれば与党不支持者の車は30台ほどか。いつもは1〜2人しか店員がいないセルフ式の店だが、今日は10人ほどもいて丁寧に案内しているようだった。あまり待たなくてもよさそうなので、そのまま列へ。
 列に入ろうとしたとき店の価格表示などが消され(デジカメを用意していたのに、安い表示の写真を撮れなかった)、説明を聞いてそのまま帰る車が出始めた。自分の番になって聞いてみると、タンクの底がついて満足に給油できない可能性があるので、明朝10時まで今の価格(表示では124円/L;実際には121円/L)で売るとのこと。それでも、自分の車はまだ1目盛しか減っていないし、朝では面倒なので試してみることに。結局、満タンにし、さらに詰め込むことができた。たった10Lしか入らなかったのに、値上がりしてから入れれば300円以上も違ってしまう。この分が公務員の遊興費やくだらない建設で地方の議員兼土建業者の上がりから減るかと思えば気分はいい。でも四月は遠出をしなかったので、こらしめるのにはあまり役立たなかったなぁ。
 24時間営業の店だが、二三時前にレギュラーガソリンが売り切れた。補充されて再開されるのは明朝だそうだ。
posted by Hiko at 22:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自民党・公明党支持者へ

 まさか、暫定是率復活前のガソリンを駆け込み給油なんてしていないでしょうね。地方財政を憂慮し、もちろん今月初めの暫定財率が無くなったガソリンを待って入れたりしなかったでしょうし、今月は給油をできるだけ自粛していたのでしょうね。
 一部の地方自治体、わざと工事を止めたりして見せて利権を守ろうとしたの、醜かったな。
posted by Hiko at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

子供のお手本たる大人の代表

 美しい国、日本では、嫌になったら「やーめた」でいいそうです。ちょっと疲れたら、どんどん学校を休みましょう。ちょっと嫌になったら、会社もやめちゃっていいみたいですよ。
 そんな国。さすが。元元そうだったっけ?
posted by Hiko at 00:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

呆れた安倍

 辞めるなって言ったろーが。しかも、もっとも無責任なタイミングでなんて・・・。
posted by Hiko at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

ふむふむ・・・

安倍さん、辞めないでね。
posted by Hiko at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

こったなごどに(←出身地の方言で)・・・

20061028_1.jpg 管轄の税務署から送られてきた薄っぺらの封筒は、写真のように私のキッタナイスリッパよりデカイ。まん中あたりには「インターネットを使った申告のご案内」と印刷されていて、中にはA4用紙がたった2枚、折られず余裕で入っていた。A4用紙の一枚はe-Tax(国税電子申告・納税システム)の宣伝で、もう一枚は事前準備の流れの概要。内容はここにあるFlashアニメーションと同じで、目新しいことは一つもない。
 冊子小包として送られてきたので、用紙を折りたたんで小さな封筒に入れても料金は同じなのかもしれない。折る手間を省いたと言われればそれまでかもしれないが・・・釈然としないなぁ。形ある資源の無駄は、役所から率先して無くしていってほしい。大きな封筒にショボイ内容、がっかりさせられたよ。それに「電子」とか「インターネット」とか謳っているのだから、その趣旨に即したスマートな宣伝方法をとって欲しかったな。
 それと、このシステム普及の目的は、暇な役人の更なる負担軽減と、天下り先を正当化し潤わせるためでしょ? なのに別の天下り先のための住基カード約500円ナリを作成し、さらにこれに電子証明書約500円ナリを組み込み、さらにはICカードリーダを購入しなければならない。これまでどおり、Webサイトで申告書作って印刷して提出したほうがずっと安上がり。年に一度のことで、そんな天下り先へのムダ金払えないよォ。
 封筒から送付先のステッカーをきれいに剥がし、A4用紙2枚とともに資源ゴミへ直行させた。この手間もムダだけど、私は天下りしていないので何も貰えないの。
posted by Hiko at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

小沢一郎氏に期待

 民主党代表選挙で、小沢一郎氏が当選した。満を持してとか、他になり手がいないからとかいう勝手な意見は置いといて、私はとても期待している。

 自由民主党という党を様々な理由でもう数十年間嫌ってきたが、その自民党を小沢氏が飛び出したのが13年前。その時から好きになった。その時を境に我が故郷・岩手が、イナカ=保守系という今でも西日本に根強く残っていそうな風向きが180度変わり、閉塞感を打ち破る好ましい動きが出てきて今に至る。
 変化を嫌う日本人に毛嫌いされればされるほど、私は支持したくなるなぁ。

 今の、政治家の言いなりの、いや、その背後に隠れている役人の思いどおりの政治が改善される、最後のチャンスではなかろうか。もし小沢氏でだめなら当分今の状態が続くだろうから、私の短い余生は日本を離れて過ごすしかないかな。
posted by Hiko at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

フランシーヌの場合

 三月三十日という日付に触れるたび、頭の中で鳴り止まなくなる曲がある。日付と楽曲のこれほどの強い結びつきは他に無く、もっと特別な日、たとえば元日とかクリスマスとか自分の誕生日なども、この日にはかなわない。
 なぜだろう・・・三月三十日があまりにもありふれた日だからか、それとも「フランシーヌの場合は・・・」と何度も繰り返される歌詞のせいか、やはり「あまりにもおばかさん」という強烈な歌詞がそうさせるのか。

 これまでと同じように今年も今日、やはりこの曲が頭の中で流れていた。まともに歌詞が分かるのは一番だけだが、何度も何度も繰り返す。気になっていたけど一度も考えたことがなかったので、ついに(と言ってもネットで検索するだけだけど)調べてみた。
・・・知らなかった。当時学生だった Francine Lecomte は、一九六九年「三月三十日の日曜日」の朝、パリで、社会批判のために焼身自殺を遂げた。「パリの朝に燃えた命ひとつ」とは情熱を燃やしたという意味だと思ってたら、本当に燃やしてしまったことだった。数ヵ月後、反戦歌手の新谷のり子のデビュー曲として発売され、大ヒットした。当時小学校の低学年だった私はその時その意味を知ることなく、楽曲の強烈なイメージだけ刻み込まれて今日に至ってしまったのだ。
 今回調べなければ、また来年もこれまでの数十年間と同じように迎えていたかもしれない三月三十日が、これからはますます特別に思える日になりそうだ。
http://homepage3.nifty.com/ctengoku/pagefrn.htm
posted by Hiko at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

ソコ高いところにいるアンタ!責任とってよッ!

 現ライブドア社長・堀江氏が逮捕された。今後、どのように立件されていくのか、はたまたできるのか興味津津だが、現時点ではどういう罪になるのか私には分からない。私は彼より歳上だが、年配のかたがたが感じられているらしい「目障り(マスゴミが作った虚像か?)」感は無いし、逮捕そのものに何も感じない。
 それより、彼を使って議席稼ぎしようとした党があったよねぇ。もちろん、ちゃんと素性を調べてからやったんだよねぇ。知らなかったなんて、ご立派なあなたがたが使える言葉じゃないよ。今さら「関係ない」なんて虫が良すぎやしませんか? いつもの常套手段だってことはバレてるけど、いつまでそんなことを繰り返しているの? そんな奴等を選ぶほうも選ぶほうだけど。

 それからここで引き合いに出しちゃうけど、アメリカ産の牛肉輸入再開にGOサイン出した責任も取ってよね。お上の云うことを未だ鵜呑みにしてしまう人たちは、まだまだたくさん存在するのですよ。裏切られたなんて、搾取にした税金と引き換えに国民の命と財産を守るべき人が使える言葉じゃないよ。



 そして、相変わらずニュース番組もショー仕立てにしてしまうマスゴミのクオリティ。そっかぁ、もうそんな報道しかできなくなっちゃったんだネ。おっと、本題から大きく下に外しちゃった^^;;
追記
posted by Hiko at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする