2009年08月15日

国民年金保険料免除の期間延長

 国民年金の保険料が全額免除になった場合にその申請時に期間延長(申請しなくても翌年度も自動的に申請)を希望できる
社会保険庁:国民年金保険料の全額免除制度、一部納付(免除)制度、若年者納付猶予制度
【申請は原則として毎年度必要です】
不慮の事故や病気が発生してから申請を行っても、障害基礎年金の受給資格要件に算入されませんので、ご注意ください。
※免除等のサイクル(始期と終期)は、7月から翌年6月までです(すべての市区町村において前年所得の証明が可能となるのが7月以降であるため)。このため、免除等の承認を受けている方が、引き続き免除の申請をされる場合は、できる限り7月に申請をされるようお願いします。

なお、保険料全額免除または若年者納付猶予(一部納付を除く)が承認された方が、申請時に翌年度以降も申請を行うことをあらかじめ希望(申請書の申請者記入欄の「はい」に○を付けてください)された場合は、翌年度以降は、あらためて申請を行わなくても、継続して申請があったものとして自動的に審査を行います
※免除等は、原則として申請日にかかわらず、7月から翌年6月まで(申請日が1月から6月までの場合は、前年7月から6月まで)の期間を対象として審査します。ただし、7月に申請する場合に限って、前年7月から前月の6月分までの期間(前サイクル分)についても申請することができます。7月に前サイクル分の免除等も申請される場合は、申請書を2枚提出されるようお願いします。

が、その翌年度の所得審査で全額免除にならなくなった場合はすべて却下されることが判明。
 つまり、前年度と同じ内容で自動的に再申請(例えば全額免除がダメなら3/4免除、ダメなら半額免除、・・・)されるのではなく、自動的にされる申請は全額免除一本に絞られるということ。所得審査に引っ掛かる可能性がある場合は、期間延長に頼らず早めに(毎年七月に入ったらすぐ?)申請すべき。審査が早く済めば、それだけ保険料の前納割引の範囲が広がるから。
posted by Hiko at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

MJCの次は

 私のに続いて妻のマックジョイクラブが昨日をもって無効になった。新規も継続も受け付けていないので、コーヒー,アイスコーヒー(各Mサイズ)一杯85円もこれで終わりだ。安かったこともあるけど、値段のわりにおいしかったのでのむ機会が多かった。狭い当市内に5店舗もあって利用しやすかった。
 Sサイズ120円でもお代わりのできるホットコーヒーならまだ利用するだろうけど、ちょっとしか入っていないSサイズのアイスコーヒーはダメだなぁ。Mサイズだと220円、2倍以上だな。高速道路料金が休日1,000円になると、渋滞を避けて一度出て乗り直すと2,000円になり、それでも十分安いのに「2倍」になるのが嫌でそのまま嵌っているような、そんな感じがして手が出にくい。アイスコーヒーMサイズ220円は十分安いのに。
20090501.jpg 妻と二人で街に出て、どこでお茶をしようかと思ったときに目に付いたのがロッテリア。そうだ、娘が生まれたおかげで、260〜200円の飲み物が100円になるカードがあるじゃないか。しかもマックジョイクラブのように1枚1杯ではなく、3倍までOK。ここのアイスコーヒーは透明な容器に入っていておいしそうだし、じっさい、こんなにおいしくなっていることを知らなかった。気づいて良かったなぁ。
 ただ、ロッテリアの欠点は店舗が少ないこと。当市には無いし、両隣の市とも駅に直結していて車では行きにくい。しかも遠い。わざわざ利用しに行くようなものでもないなぁ。
posted by Hiko at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

MJC終了、残念

20090228.jpg 私のマックジョイクラブの有効期限が来てしまった。smallサイズのフレンチフライが100円で買えるという特典はあまり使わなかったが、飲み物がすべて(大きさが選べるものはmediumサイズ)100円で買えるのはとてもありがたかった。特に、smallサイズでも当地では120円になってしまったコーヒー、値段の割りにおいしいのだが、これが100円(実際には技を使って実質85円)と自動販売機の飲み物より価格も質も有利なのが良かった。
 二〇〇七年十一月八日をもって新規申込も更新も行われなくなったのは残念でならない。妻のカードはあと2ヶ月使える。まぁ、最近では私が利用する機会は少なく、もっぱら妻と娘のお茶用になっているのだが。
posted by Hiko at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

税の支払いをクレジットで

20080621.gif 当市は面積も人口も小さく、特色も無い埋もれてしまいそうな街。それでも、税のコンビニエンスストアでの取り扱いを早くから始めていて、今年度からはすべての税をクレジットカードでも払えるようにすると言う。
 決済のシステムを提供するのはY ahoo!公金支払い。他に取り扱っている地方公共団体を見ると、参加数もまだまだ少ないし当市ほど徹底的にすべてを任せている団体は他に無い。意外にも先進的。トラブルの多いY ahoo!とは付き合わないことにしてきたが、支払いにポイントも使えるし、試してもみたいしで、今回は効率よく使ってやろうと決めた。
 早速、妻の市・県民税の支払いをと。マスターカードを使うと200ポイントもらえるキャンペーンもやってるので、別にIDを取得して。手続きは簡単。納付書にある16桁の納付番号と6桁の確認番号を入力するだけで、クレジットカード以外の個人情報、住所や電話番号ばかりか名前まで入力の必要が無く簡単である意味安心。最小限に絞られているのがいい。これだけできちんと税額が表示されるので、それで正しいことが確認できる。
 ところが、初めて決済しようとした一昨日の夜、決済手数料が不当なことに気づいた。このまま進めてあとで返金を求めるのは面倒だし、システムを提供しているY ahoo!は個人との窓口を閉ざしているので有名なので取り合ってくれないのは明白。中断した。
 電話で説明しても、相手が市役所の職員では伝わりにくそう。不当な決済画面をプリントアウトして個人情報を切り抜き捨て、市役所に持っていった。税務担当の窓口で話しかけたら逃げるように上司を呼びに行く。これだけで、この先進的なシステムが上司クンの孤軍奮闘で導入されたと分かる。相手が当人だから当然話はすぐに伝わり、すぐにY ahoo!に問い合わせてくれるそう。その後、5回も留守電入れてくれたけど1回も取ってあげることができず、でもメッセージの内容で不具合を修正し翌日から正常化することが分かった。こんなに普通に仕事ができる公務員が居てくれて少し安心した。
 改めて今日、決済は正常に終了。ついでに私名義となる国保税も決済した。手数料は最大1.05%近くかかってしまうが、その簡単さと、コンビニにでさえ出かける必要になさで十分だ。
posted by Hiko at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

半分に迫る

 昨年十月、一時基準価格が5倍を超えた、具体的には十月十七日に基準価格が最高の50,793円/万口をつけた中国A株ファンドは、特に今年に入ってから急激に値を下げ、ついに昨日の基準価格が25,893円となって最高値の半額に近づいた。
20080423.png
 5倍のときにはバブルでは?と書いたが、やはりそう書くのが妥当。3年間で2.5倍になったという現実を捉えれば、これでなかなか検討していると思える。問題は今後だ。中国のGDPの伸びが実態に合っているのか、見ものだ。
posted by Hiko at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

ガソリン売り切れ

 深夜に帰宅する妻に、いつもの店でガソリンを満タンにしてきてとたのんだ。しかし、入れられなかったと帰ってきた。
・・・売り切れだったそうだ。そんなこともあるんだ。明日から数円は高くなるとマスコミが大騒ぎした効果はてきめん。24時間営業のその店も残るのはハイオクのみで、ロープで給油機を塞ぎ、来客には箱ティッシュを一つ渡して謝っていたらしい。そして、値上げするはずも翌日も同じ価格で販売するとのこと。
 どの店も薄利で大変だと思うが、お詫びの品までもらって旧い価格で入れられるなんて幸運だ。珍しい体験とともに、この辺りでもついに140円/Lを越えることになりそうだ。
posted by Hiko at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

こりゃバブル? 基準価格5倍

20071015_1.png
 中国A株ファンドの基準価格が購入時の5倍になった。こうして手をつけられずにいるうちに含み資産だけが増えていく。現金化していないので時間も無く、数字だけが先走って投資した私自身が取り残されていく気がする。
 どこまで続くのだろうか? 北京オリンピック? その先? 人民元が右肩上がりに上昇していくことだけは間違いないけど。
posted by Hiko at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

利益8桁に

20070904.png
 手持ちの中国A株ファンドの基準価格がまたまた最高値を更新し、信託財産保留額を差し引いても手数料込みの利益が8桁になってしまった。ということは、現在優遇されている分離課税を選択しても税だけで7桁になる。税金だけで7桁もこの国に払うなんてヤダヤダヤダと思うけど、売るときが来たら避けては通れない道なのねぇ。
 この価格なら、税率が本来の20%になると税額の差額も7桁になってしまうので、駆け込みで売却・・・と短絡的に考えてしまいそう。しかしここまで上昇してくると、その程度の差額分は数日で上昇する可能性が高いので、本当の売り時まで持つべきなのかもしれない。いずれにしても分離課税以外には考えられなくなり、かえってスッキリした。
posted by Hiko at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

素早く投資額も4倍に

20070808.png
 急上昇は止まらない。昨日、基準価格が4倍を超えたばかりなのに、今日はもう、手数料を加え信託財産保留額を差し引いても4倍をあっさりと超えてしまった。
 ここまで来ると、もう損益の通産で逃げ切るなんて手は通用しない。分離課税10%のうちに清算してしまうか、20%まで持ち越すか。今の上昇基調が続くと、たとえ税率が2倍になってもその後の上昇で利益が上回ってしまうから。
 今日から、基準価格の表示方法が一新された。
posted by Hiko at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

ファンドの基準価格が4倍

20070807.jpg
 中国A株ファンドの基準価格が40,921となり、ホントに4倍を超えてしまった。この銀行の扱うファンドの中でも、基準価格で断然トップだ。
 世界同時株安が起こっても中国株の上昇傾向には影響が無かったし、ヘッジされていない為替も上昇傾向に変わりない。皮算用ではなく、今後も「%」ではなく「倍」という言葉で表現されていくのかもしれない。
posted by Hiko at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

安い物は安くできてる、と言えるかも。ミンチ

20070626_1.jpg こんな写真しか見当たらないが、使ってきた座椅子をついにゴミにした。購入したのはかなり前。でも、早いうちから、粉状のものが落ちる・・・内部からスポンジらしき物の変化したものが縫い目から出てきて床を汚してきた。
 これがまるで食べカスのようで、中にスポンジを喰う虫(←そんなもの存在する?)が住み着いているのではと、ちょっと腰が退けていた。ただ、使いものにならなくなって大きな袋に入れて放置していたので、邪魔でしょうがなかった。今日の明け方、起きてしまった娘が再び寝付くことができなくなったので、おんぶして一緒に解体した。

 この座椅子、全体を表と裏の2枚の布で覆われていて、可動部に手を挟んだりする心配がない。リクライニング角度が4段階に変えられ、平らにすることもできる。内部は背中に合わせた曲線を描く、成形されたウレタンを詰め込んであるのだと想像していた。
 購入しようとしたとき、この形状が気に入ったのは確か。特に拘りが無かったので、比較的安いものを選んで購入したと記憶している。それがいつだったか、いくらだったかは今となっては分からない。ただただ、安かった気がするだけだ。
 問題の粉状になっていた、最下部(座椅子の状態では膝の裏があたる部分の裏側)を開けてみて、そうなった理由がすぐに分かった。成形ウレタンなんて、そんな立派な物は使われていなかった。だから安かったし、だから短期間で簡単に粉になった。
20070626_2.jpg20070626_3.jpg
 構造物は、コの字に折り曲げられた2本の金属が、5段階に角度調節して止まるように繋がれているだけ。これに座面に2本、背もたれ部に1本、荷造り用のプラスチックの硬い帯が掛けられているだけだった。
 表面の布の下すぐには薄さ数mmの薄いスポンジがあり、これで内部の凸凹を隠す。そして全体を形作る成形ウレタンだと思っていたものの正体は・・・屑ウレタン、つまりウレタンのミンチのかたまりだった。比較的衝撃の少ない背もたれ部では形を成していたが、座面では粉々になっていた。数回座るだけで構造は崩れ、こすれてできた粉が床を汚していたのだ。
 たぶん作り方はこう。表面の布を袋とじし、座面に薄いスポンジを当てただけで骨材を挿入。そこに掃除機を逆噴射させるような装置で屑ウレタンを圧力を掛けて吹き込む。パンパンになったところで、ジッパーを閉じる。簡単に安くできる訳だ。
 ミンチにしちゃえば何の肉か消費者には判らない。形と適当な弾力があれば、消費者には同じに見える。まったく同じ構図だ。肉なら様々な法規制で守られ、取り締まられるだろうが、座椅子にはそんなもの無いだろうな。賢い消費者は、値段以外の何で判断すればいいのだろ? 少なくとも、私は今後、座椅子を買うときは開けて中身を確かめられる物にするだろう。
 背もたれ部のデザインに使われていた、表面の布と同じ素材のボタン。これだけ取ってみると、粗悪品を連想させないのだが。
20070626_4.jpg
posted by Hiko at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

次は4倍ですかね?

20070501.jpg
 今日の基準価格が31,289円/1万口。これで各種手数料を考慮しても、投資額の3倍を超えた。次は4倍を目指すかな?と言ってみる。
 売ったときの税が怖くて、簡単に売れなくなったぞ。
posted by Hiko at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

早くも・・・

20070418_2.jpg
 キタ! 皮算用のはずだったのに、もっと先の話だと思っていたのに、二月末に世界同時株安があったのに・・・。
 中国A株ファンドの基準価格が、今日30,298円/1万口になった。この一日で私の資産が21万円も増えた。実際には、私が購入した程度の量では購入時の手数料が高く、さらに売却時の信託財産留保額(0.3%)も考慮せねばならない。投資額が3倍になるのは、今まで1度あった分配金を算入しても30,946円まで値上がりしなければならないが、この程度なら早ければ1日でクリアしてしまう。
 このままだと、売却が多すぎて全部は売れないなぁ。他で損失出すとか、小出しで売るとか、ちょこっとサラリーマンやって経費を作るとかしないと。したくないけど。
posted by Hiko at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

どれほどのQuality?

 東京三菱UFJ銀行が「Quality for you」などと「無料」を強調するコマーシャルを流していて気恥ずかしい。何が「質」なんだろ。私が取引している銀行は最初からコンビニでの利用手数料なんてかからなかったし、振込み手数料もかかってないよ。この期に及んで夜間はまだ1回105円取り、他行あては振込み手数料がかかるのに、まだまだ「質」が低いことを強調しているようなものでは。
 でも、テレビで流されればスゴイ銀行のような気がしてくるんだろうな。テレビってスゴイ!?

 最近、妻が郵政貯金口座を解約し、ついに窓口を使う金融機関から縁が切れた。あの、番号札を取ってマスクをした人に囲まれながら耐えて待つ日はもう来ない。
posted by Hiko at 04:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

小さく小さく利益確定

20070416_1.png いつ預け入れたのかなーと調べる気になれば分かるものなんだ。ちょうど5年前らしい。ニュージーランドドルの価格を一目瞭然にするため、1,000円分だけ購入して銀行に置いておいた。NZD17.20買えたので、計算してみると当時のTTBは58.14円だったらしい。
 レートを監視する必要はとうの昔になくなっていたので、ある時期になったら売ろうと思っていた。その日が今日、突然やってきた。1,501円、つまり1.5倍になったのだ。TTSで87.27円。こんな時期が来るとは思いもしなかった。妻があちらに住んでいた頃は45円/NZDだったので、今のちょうど半分。ニュージーランドに旅行する気になれない(口だけだけど)と言うのもよく分かる。
20070416_2.png このほかに、ニュージーランドドルは数万ドル持っていて、メインはこっち。すでにかなりの含み益を持っているが、売り時が問題。天井が見えない今、小市民はなかなか踏み切れないでいるのだ。ドキドキ。
posted by Hiko at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

また上抜けた

20070410.jpg
 今年二月末に起こった世界同時株安の発端となったのは中国株。そのA株ファンドを所有していた私も、一夜で100万円以上の含み益を失ったりして随分楽しませてもらった。
 日経平均株価は二月二六日に年初来、いや、6年来高値を更新してから急降下し、今日の終値ベースで未だマイナス3%だ。一方、中国株の各指数はすでに値を戻していて、人民元>米ドル>日本円の構図も変わらず、為替ヘッジしていないのでその恩恵も受けられる。当ファンドはついに再び上抜け、本日の基準価格は28,223円/1万口となった。
 私はこのファンドを銀行を通じてネット取引しているが、その銀行内の資産が一定額を超えたため、平均資産が3ヶ月間条件を満たせばゴールドメンバーに招致するという通知が来た。預けた資金はその半分以下だったのに、膨らんだ資産がそうさせた。
 皮算用だった3倍、現実味を帯びてきた。
posted by Hiko at 19:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

100万円飛んでった〜

20070301.jpg
 中国から西回りに伝播した世界同時株安、日本だけは一周で足りなかったようで今日も下げた。そこでいつもの手持ちの中国株ファンドだ。株の下落だけでなく、ヘッジされていない為替も円の全面高となってダブルパンチ。一日、昨日と今日の価格差で、約100万円下がった。すごーい。含み益が減っただけで、ファンド自体は月に一度しか売買できないので何のアクションも取れないし取らないが、感慨無量。今日は日本以外は値を戻し始めているようで、私のも20万円ほど戻っているようだが。
 当初2倍を目指して2年前に購入したファンドだが、その後皮算用3倍にまで近づきつつあり、当然私のポートフォリオ稼ぎ頭。でも上昇は急過ぎ。実生活でも高所恐怖症なので、これで少しは落ち着くかな?
posted by Hiko at 22:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

とりあえず目標通過

 手持ちの中国A株ファンドの基準価格が、今日、20,874になった。
20061222.jpg
 スタートが10,000で、購入時の手数料と売却手数料を加味しても手取りが2倍を超えることになった。当初は2倍になったら売ろうかなと思っていたが、こうなったら素人ならではの皮算用で3倍を目指そうかな? なんて思ってみたりする。今月の売却可能期間が終わっていることもあるけど、こうして素人は嵌ってしまうんだろうな。
 そろそろ売却益にかかる税金が怖くなってきたので、何かと抱き合わせることを考えないと。それもあって、年内は見送り。
posted by Hiko at 01:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

最安値の2倍を超える

 手持ちの中国A株ファンドの激しい値動きについては、これまで
2005年07月29日
2006年01月25日
2006年01月31日
2006年04月12日
と追いかけてきたが、ついに
20061122.jpg
設定直後につけた最安値の2倍を簡単に超えた。最安値で買ってたらすごいなーと思ったけど、凍結期間で誰も手を出せなかったのだから考えてもしかたない。
 今や経済が凪いでいるのは日本だけで、中国も為替も好調。相乗効果でこんな高値になり、気がつけば私の金融資産の稼ぎ頭になっていた。2倍になったら売却するという当初目標をお遊びで3倍に上げていたけど、実現するかもしれない。
posted by Hiko at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

銀行窓口サヨウナラ

 妻が、ある都市銀行の口座を解約した。これで我が家から窓口を利用する銀行との契約がすべて消滅した。現、郵政公社が民営化されると復活することになるが、郵便業務があるし、ほとんどの自動決済は郵便貯金に集中させてしまっているので、こちらは当面このまま。
 私のほうはいち早く、もう6年前には旧来型銀行の口座を整理してしまっていて、以来、銀行口座はある外国銀行のもの一本槍。当初は不都合もあったが、現在ではほとんどの決済が可能。店舗はあるがカウンターは無いし、基本が電話かネットでの取り引きだし、特に電話のカスタマーサービスは秀逸だ。
 今回妻が決済を集約させた銀行は2年前から取り引きを始めているが、こちらも店舗では受付を済ませた後はふかふかのソファーで待ち、遣り取りは個別のブースで。商品設定がきめ細かで、私の銀行と違って口座維持手数料や振込み手数料はすべて無料。
 共通しているのは、ほとんどの決済をネットで済ますので、居心地の良い店舗にすら出かけることが無いということ。どうしても現金で払い込む必要のあるものは今ではぼぼ全てコンビニで済むし、そのコンビニでは並ぶことなく無手数料で現金を引き出せる。海外に出かけても、同じキャッシュカードで同じように現金を引き出すだけ。順番待ちの札を取ってイライラしながら銀行のカウンターを見つめることは、もう無い。
 重ねて、私のような弱小個人事業主にとって、銀行で失くす無駄な時間、振込みごとにかかる無駄な手数料が無くなるだけでも、大きな大きなメリットがある。
posted by Hiko at 15:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする