2009年07月22日

特製「練乳金時サングラス」

20090722.jpg
 準備しようと思いつつ迎えた当日、今日。日食の始まり、午前十時前は厚めの曇りで、見られなくて残念と思いながらも準備せずに済んだという安堵感も。ところが外がみるみる明るくなり、ベランダに柵の影ができて慌てて準備開始。
 空をよく見上げていた頃は銀塩フィルムの黒いのを用意し置き場所を決めていたが、それもいつしか何処へやら。納戸に行って滅多に開けない山積みの荷物を開けては閉めて途方に暮れる・・・と思ったら、未露光なのに現像してしまったリバーサルフィルム一巻丸ごとすぐに見つかった。良く言えば物持ちの良さ、悪く言えば捨てられない病、のおかげ。手近にあった箱を切り抜き、フィルムを2枚重ねて窓を塞ぎ完成。早速ベランダに出て見てみると、赤く見える太陽がちゃんと欠けていた。
 二歳の娘に日食の原理を説明し、サングラスの使いかたを説明して見せた。高度が高かった(最大74度)ので、背の低い娘のほうが庇が邪魔にならず見易かったようだ。三日月みたいと言っていた。家族三人で見ながら、お隣さんにも連絡して一緒に見られた。同じアパートの他の部屋や周辺の住宅にはこうした動きは無かった。みんな関心が無いのだろうな。あるいは、テレビに映し出された中継の映像のほうがきれいだからか。
 当地での食の最大、食分0.740になる直前に雲が厚くなり、観測は終わり。私の部屋は真南からやや東を向いているので、やがて建物の向こうに隠れてしまうから。
 これほど深い部分日食を見るのは、一九八一年七月三一日、北海道旅行中の礼文島だったか利尻島だったかの港で見て以来。最大食分は約0.9。今回と同じ雲越しだったが、おかげで手持ちのカメラで撮影できたんだっけ。
 次回当地で見られる日食は3年後の二〇一二年五月二一日朝に見られる金環食。金環食の継続時間4.7分間、中心食帯の中央から約50kmと条件も悪くない。三年後、ここに住んでいるかどうかは分からないが。
posted by Hiko at 11:12| Comment(2) | TrackBack(1) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

中秋の名月

20080914.jpg
 コンパクトデジカメ、手持ち、自動露出、オートフォーカス(無限遠ナシ)、12万画素では、この程度が限界。
 このあと、娘が寝たら夫婦でゆっくり月見しようと話していたら、雨になっちゃった。
posted by Hiko at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

北の空に大火球

 娘を連れて外に出、十三夜の月を眺めていた。そこに隣の奥さんと子が現れ、振り返った偶然で見ることができた。娘も見ていたかな。
20071023.png
 こちらを向いていた奥さんに声を掛け、振り返って一緒に眺められるほどの時間(数秒間)。明るさは最大高度の金星よりずっと明るく、最後に音立てずに破裂した。
 全国からの情報を総合すると、新潟県の魚沼上空から光り始め、東に流れて福島県の会津あたりで破裂したらしい。
 二つの偶然が重なって見ることができ、とても幸運だった。
posted by Hiko at 19:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

晴れていれば今頃・・・

20070828.png
WestVillage Sky Simulatorにて作成

 昨日まであんなに天気が良くて暑かったのに、今日は暑さだけ残して曇天。運が悪い。6年ぶりの皆既月食なのに。誰でも見られるような良い時間帯だったのに。
 次回は3年後の12月21日。時間帯は今回と同じ夕方だが、部分月食のまま昇ってきた今回より条件が悪く、皆既が始まってから出てきて、ここ埼玉では高度が20度に満たないうちに皆既が終わってしまう。平日の18時前に皆既が終わるので、勤め人のかたがたが見るのはちょっと辛いかも?
posted by Hiko at 19:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

今年のペルセ群

 最近は、と言うか今年だけかもしれないが、ニュース番組などでしきりに今年のペルセウス座流星群について話題にされている。今年は月が無いので確かに条件はいいが、なぜこんなに気に留まるほど流されているのだろう。毎年こうで、たまたま私が触れる機会が多いだけ?
 しかし忘れずに済んだのはいい。真夏なのに、日中は秋、と言うより冬のように空気が澄んでいて、夕方は富士山がどっかりと見えていたほど。都会の車が減っているからか、それともこの時期にしては珍しいほど湿度が低いからか。夜になっても空気が澄んでいるのは変わりなく、街灯が多いこのアパートの脇でもなんとか天の川やペガサスの四辺形内の星を確認できた。
 それにしても、外はアスファルトの上でも涼しい。むしろ少し風が吹くと涼しすぎるほどで、アスファルトの余熱が心地よいほど。窓から空気を取り入れても湿って熱い感じがして一晩中エアコンを点けているのに、この感覚の違いは何だろう。
 午前零時過ぎから3回、数分間から十数分間、なんとか暗く見ることができる北東の空を中心に眺めていた。それぞれ1,2,2個、群に関係ないものも含めて流星を見ることができた。でもペルセ群らしい早くて明るくて痕の残るものは一つだけかな。空の暗いところで、寝転がって何時間でも見ていたい。
 眠っている娘を置いて、二回目には夫婦で外に出て、シートを敷いて座って永めに見ていた。妻とこんなことするの、何年ぶりだろう。10年、あるいはそれ以上前、パラグライダー仲間がたくさん集まっていた頃、行きつけのペンションの前で、あるいはわざわざ軽井沢の鬼押し出し近くまで出かけて大人数で眺めたのが懐かしい。と、妻も言っていた。娘が大きくなったら、きっと家族で出かけるんだろうな。2001年のしし群の、時間数千個の流星雨は私しか見ていないので、そんなのも二人に見せてやりたいなと思う。
 さて、空が明るくなる前に、もう少しだけ見に行ってみようかな? 極大はこれから先、日中らしいから。

午前四時追記
posted by Hiko at 03:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

17:06 十月九日 大宮

20061009_1.jpg
20061009_2.jpg
 すいぶん早くなったな、日の入り。
タグ:夕陽
posted by Hiko at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

17:19 九月二五日 埼玉県央

20060925_2.jpg
 秋の彼岸が過ぎ、日没地点が南に回ってきた。我が家の玄関側に陽があたらなくなる日まで、あと僅か。
タグ:夕陽
posted by Hiko at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

スペースシャトル打ち上げ

 生中継で見た。ワールドカップサッカー準決勝の放送開始直前だったので、見た人も多かっただろう。スペースシャトル時代に入ってから見逃したことも少なくはないが、それでも毎回生で見ることにしている。だからこそ1986年一月の打ち上げ時のChallengerの事故、2003年二月の大気圏突入時のColumbiaの事故は生で見てしまった。
 小さい頃から天文に興味があり、宇宙への憧れは強かった。その頃は人類がしょっちゅう月に出かけていた時代だったので、自分が大人になる頃にはもっと簡単に宇宙へ行けるものだと思っていた。そのための努力・・・猛勉強するとか、英会話を極めるとか・・・をせずにいたら宇宙開発はいつしか後回しに。未だ、スペースシャトルなんてリスク高い乗り物を、それを承知で酷使せねばならない惨状だ。
 今回のスペースシャトル打ち上げは辛うじて生放送だったが、たった4分間の緊急番組。サッカーがなかったら私も見逃すところだった。

 さ、気分を入れ替えてサッカー見よっと。夏至を過ぎたら、この時刻、外はまだ暗いのねぇ。
posted by Hiko at 03:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

我が家は2005年4月19日の午後20:18

http://www.ils.uec.ac.jp/WP2005/wplight_s.jpg 「午後20時」というのは、午後8時のことでしょうけど・・・(^_^)。
WPY2005 Physics enlightens the worldへの参加申し込み
参加登録いただきましてありがとうございました。
2005年4月19日の午後20:18に、部屋の電気を消灯願います。
ぜひ、あなたの隣の人にも参加を呼びかけて下さい。
当日は、皆様と世界中で行われる光のウェーブの伝播ネットワークを楽しみましょう。

 これは「奇跡の日」から100年、アインシュタイン没後50年を記念して、世界規模で光のリレーをしようというPhysics enlightens the worldの一環のイベント。打ち水大作戦のように、参加者が間違えば資源の浪費につながるようなイベントとは違い、こちらは間違いなく節約になるから諸手を挙げて賛同。2分間だけの消灯で暗い帯を作るのではなく、日没帯を追いかける本当の闇の前線を作るものいいかも。
 下記の地図によると、確かに軽度に従って東から西にウェーブが伝わるような設定になっているが、どうやら地球の自転、つまり地方時20時30分頃に合わせたということではなさそう。
 日本語のページから参加表明すれば正確な時刻を教えてくれるが、地図を見ればだいたい分かる。参加してみてはいかがだろうか。
http://www.ils.uec.ac.jp/WP2005/map3.jpg
posted by Hiko at 12:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月10日

木-月-金

暖かな朝で助かった!

上が午前5時14分で下が5時57分。微妙な位置関係の変化、分かるかな?
動きが速いのは月。
20041110_1.jpg
20041110_2.jpg
posted by Hiko at 06:05| 埼玉 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月06日

明日は中越、来週は木月金

 明日は、一週間半ぶりに中越へ行く。いつも使ってる宿では片づけが終わらず、あるいは災害支援に使われていて泊まれない。
 でも、知り合いの一人は「余震付きでもいいなら」と引き受けてくれた。

 復興が進み、地震そのものが小さく・少なくなってきて、報道はまずまず被災者のプライバシーに深く入り込んでいく。
 震災の直前にあった台風の被害のその後を伝えるとか、観光旅行客がなぜ首を切り落とされなければならなかったかとか、某国の大統領選挙の結果が今後の日本に何をもたらすかとか、考察すべきこと、報道すべきことが他に山積されてるのではないだろうか。

閑話休題

 昨日の日記のコメントに書いた、今度の水曜日(十一月十日)の朝は、やや離れた木星と金星の間に裏三日月が入り込む。
 他の2星に比べ、月の動きは相対的に速い。30分もすれば位置関係が変わっているのが分かると思うので、ぜひ早起き(または夜更かし)して、ちょくちょく見て欲しい。

 上は当日午前5時の実際に見えるイメージ、下は解説図。この日、3星はすべて おとめ座にある。いずれも、StellaPlayerで作図。
20041106_1.png
20041106_2.png
posted by Hiko at 23:34| 埼玉 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月05日

木金並んでます

今日は金曜日ですが、もちろん曜日の話題ではありません。

午前5時18分の、左が金星で右が木星。月の見かけの直径ぐらいの間隔で並んで見えます。7月31日の私の日記の月の写真と同じ倍率なので、参考に。
今日は金曜日ですが、もちろん曜日の話題ではありません。

午前5時18分の、左が金星で右が木星。月の見かけの直径ぐらいの間隔で並んで見えます。7月31日の私の日記の月の写真と同じ倍率なので、参考に。
今日の11時頃(見かけの)再接近するそうなので、両星を青空の中に見つけるチャンスかも。全国的に晴れるらしいし。

次回は2008年2月2日。デジカメ単独では、これが限界か。

***********************

空が明るくなった5時50分の画像も追加。これ以上明るくなると、青空に埋もれてしまうでしょう。
20041105_1.png
20041105_2.jpg
20041105_3.jpg
posted by Hiko at 05:38| 埼玉 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月31日

今宵の大きな月

ゆりかりんさんの日記に触発されて、私の古いコンパクトデジカメで満月を撮ってみました。
今宵の満月の意義は、ゆりかりんさんの日記を参照。

露出もピントも自動のデジカメでは、これが限界。200万画素まで撮影可能なデジカメで、光学3倍ズーム、約80万画素で撮ってトリミングしました。
明るさを減らしてみたけど、月の「海」は写ってなかった。肉眼でははっきり見えるのに。
20040731.jpg
posted by Hiko at 23:59| 埼玉 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月08日

見えるかな? 金星の日面通過

20040608.png 現象そのものは122年ぶり、日本から見えるものでは130年ぶりという金星の日(太陽)面通過の日が、ついに今日というところまで辿り着いた。小さいころ、ボロボロになるまで使った「天文と気象」の図鑑にもこのことは載っていて、その光景を夢見ていた。それからン十年、ついにこの日が来たのだ。
 しかし、神様はその日をなぜこの梅雨入りの時期に設定したのだろうか。今の天気は曇り。なんとか、一瞬でも晴れてはくれまいか。

 最後の投稿から、もうすぐ2ヶ月。この間、PCが2度も故障(一度目はマザーボード故障,二度目はHDDご臨終)してしまい、その対処や復旧作業でブログはすっかりご無沙汰。
 それに加え、フレンドマップなるものに手を出してしまい、その「日記」とブログどちらに統一しようか考えていたのも原因の一つか。Web日記とブログもほんの少ししか並行できずにブログに統一したこともあって、自分が「統一」好きだったことに気づいたところ。
 旅行やらシゴトやら、やっとひと通り片付いたので、そろそろ再開せねばと。ブログは開かれた場にあり、フレンドマップは閉ざされた場であり、それぞれ別の魅力あり。ここは割り切って、不得意な「並行」してみようかと。
 特に日付に意味づけたがるのも私なので、フレマ日記開始日を金星の日面通過の日としておく。
posted by Hiko at 05:27| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 天文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする