2009年09月03日

Landing a one winged plane

 ビデオの埋め込みかたが分からないんだけど・・・これが本当ならスゴイ。諦めない心と、それを支える技術。いや、これは一般的な技だったりして。

http://www.yourfilehost.com/media.php?cat=video&file=09350827_wing.wmv
posted by Hiko at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

If I Can't Have You

 手持ちのPCが高速でインターネットに接続し、検索にかければ歌詞やMIDIだけでなく、MP3やビデオまで簡単に触れられるようになった。いや、ともに得られるアーティストや楽曲のトリビアのほうが重要かも。また、iTunes Storeに行ったりすると、全部じゃないけど古い曲まで整理されたリストから見つけ出し、30秒間の視聴ができて好みに応じて1曲から買えたりもする。
 こうして少ない自由時間で聞いている曲に新しいものはほとんど無く、よく聞いていた高校生から大学生時代を中心としたものになってしまう。つまり70's〜80's。もう、クラシックの域だよなぁ。新しいものはテレビやラジオで流れていて、古いものは自分で探し・・・結果、1980年代終わり頃から最近までのところがスッポリと抜けている感じ。
 よく考えてみると、古い曲を引っ張り出すきっかけは別にあったようだ。コマーシャルなどのBGMに懐かしい曲を見いだし、それを検索することから始まっている気がする。私ぐらいの世代の人が関わると自然にそうなるのかもしれない。

 そんな中、今一番、今どきの表現で嵌っているのがYvonne Ellimanの"If I Can't Have You"。この曲をなぜ探そうとしたかは思い出せないが、気がついたらYouTubeなどで探していた。そして今こうして調べるまで、彼女がハワイ出身で、アジア太平洋民で全米トップ1になった最初の人で、1/4が日本人だとは知らなかった。この曲が売れていた頃、もっと恰幅のよい、黒人系の人だと思っていた。当時の彼女は、こんなにもかわいらしかったのだ。

 彼女は56歳の今も歌い続けている。
 こうやって簡単に調べられるのも、ヒットしていた当時だったらできなかっただろう。31年も経った今のほうが詳しく調べられるなんて不思議で皮肉なもんだ。このビデオですら、当時は見ることができなかっただろう。

 このビデオを見てから、この曲が頭から離れられなくなった。この曲は、映画"Saturday Night Fever"のサントラだ。当時LP版2枚組のレコードを購入し、擦り切れそうになるまで聞いたことを覚えている。Bee Geesのためのようなアルバムだったが、参加している別のアーティストも素敵だった。たくさん聞いていたことを30年近くもの間、忘れていたのに、簡単に呼び戻されて深く心に沁み込むのだから音楽の力は不思議だ。
 そして、この映画のこともだんだん思い出してきた。正確には覚えていないのだが、これは確か、初めて女性と二人で、つまりデートで見た映画だったはずだ。その人とは高校一年生の時に同じクラスになり、惹かれたまま1年が経とうとした春休みに告白。付き合いはうまく行かなかったけど、高校二年の夏に誘ったときは受けてくれたのだ。少しだけ濃厚なシーンがあり、見たあとにそのことを彼女に指摘されたことだけ覚えている。その秋には正式?に振られ、様々なことと共に映画もほろ苦い思い出の一つになっていた。思い出した。まだまだ断片的だけど。でも、それで十分だけど。

 この曲のほかに、Tavaresの"More Than A Woman"も好きだった。同じアルバムで作者のBee Geesバージョンもあるが、Tavaresのほうが好きだった。YouTubeにはかっこいいビデオがあるが、これも当時は存在すら知らなかった。


 そして、この曲はもう少しブランク少なく好きであり続けてきた、"How Deep Is Your Love"。


 このインターネットを使った懐古作業、いつまで続くのだろうか。とにかく、半月前から書きたかったこの記事を書けただけでも良かった。すっきりした。
posted by Hiko at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

Tony vs. Paul

 テレビを見ていて知ったのだけど、このビデオ、素人の作だと思うけどすごいなぁ。デジカメで撮った写真を繋げたのかな? どれだけの枚数なんだろう。
 いつか作ってみたい。空中に漂ったり、壁をすり抜けたりできるんだもの。
posted by Hiko at 01:49| Comment(2) | TrackBack(0) | YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする